工法紹介 INDUSTRIAL METHOD

湿気通気外断熱工法 VSF工法

VSF工法とは

VSF工法は、快適な居住環境を目指す新湿式通気外断熱工法です。そのシステムは、タケモルピンネット工法の実績と寒冷地での経験から生まれ、通気性、安全性、意匠性を備えた外断熱工法です。

工法の特長

 ベンチレーション金物とVS-Fによるベンチレーション効果
  
 VS-Fに施されたスリット加工による結露水の自然排出
  
 断熱材のスリット加工による接着力の向上
  
 自由な仕上げ塗材の選択

施工手順

(画像をクリックすると大きく表示されます。)

figure

使用材料

ベンチレーション金物

躯体表層部の高温・高圧から外壁を守る工法に使用される金物です(外壁ベンチレーションシステム)。この金物をVSF工法に応用することで、シンプル且つ簡便な施行性と、確実なベンチレーション効果が期待できます。

タイルガード
VSF納まり金物

様々な断熱材厚(50~100mm)の納まりに対応できます。

ジャピナエポ
断熱材 VS-F50~200

VS-Fは透湿性と防水性に優れたビーズ法ポリスチレンフォーム(EPS)を使用し、1枚あたりに25本の縦スリットと2本の横スリットの加工を両面に施しています。これらのスリットは幅2mmという細かさで、気候変化による排気効果を実現しました。幅の大きなスリットでは断熱性を損ないますが、VS-Fにはその心配がありません。また、外断熱に適性な20kg品としました。

タケモルTM-100
タケモルフィラー

超薄塗タイプのSBR系セメントフィラーで、種々の下地材とタケモルTM-100との仲介接着剤として効果を発揮します。また、鉄筋の防錆や下地の硬度アップ目的にも使用できます。

タケモルフィラー
タケモルTM-100

SBRを用いたポリマーセメントモルタルで、タケモルネットの伏せ込みが容易にできます。またSBRの効果で長期にわたってアルカリ性を保持し、更にアルカリ雰囲気においても長期にわたってガラス繊維製ネットが健全であることが確認されています。

タケモルTM-100

納まり図

本体取り付け

施工面にタケモルフィラーを前処理します。断熱材の施工面にジャピナ指定モルタルを大きめのクシ目コテで全面塗り付け圧着貼りします。断熱材はスリット縦方向とします。ジャピナ指定モルタルの適性な接着力を得る目的で平ワッシャーをつけて断熱材を固定させます。アンカー頭は断熱材面より出さないように打込みます。

工法の標準納まり断面図

開口部納まりなど

VSF工法の納まり金物VS-L I 及びVS-L II の組み合わせによりVSF工法の施工が容易にでき、見映えが良い仕上がりになります。外断熱の端部やサッシ取り合い部などは現場の状況により指定金物またはネット貼りで収めることとなります。

ガードピンの標準納まり図

基礎廻り納まり

パラペット部納まり

(c) 2010 JAPINA 全日本外壁ピンネット工事業協同組合 All rights reserved.