工法紹介 INDUSTRIAL METHOD

既存塗膜の処理方法 タケモルネット貼り工法

タケモルネット貼り工法とは

外装の塗装換えには既存塗膜の処理が重要です。タケモルネット貼り工法は既存塗膜を局部的に剥がし、ひび割れや爆裂を補修して全壁面を対象にネット貼りを行う、コンクリート打ち放し面やALC外壁等の改修工法です。

工法の特長

 既存塗膜の局部除去による湿分の放出と改修層との接着力の向上
  
 平滑な塗装下地の形成と長期にわたる美観の維持
  
 ひび割れ、爆裂等の補修痕跡が見えなくなる
  
 鉄筋爆裂補修部とタケモルネット層はSBRの使用により中性化しづらい
  
 全国の組合員による責任施工体制と第三者損害保険の適用

施工手順

(画像をクリックすると大きく表示されます。)

1photo
マーキング
2photo
バイオハクリRE塗布
2photo
既存塗膜の除去
3photo
タケモルフィラー塗布
4photo
タケモルTM-100塗付け
6photo
タケモルネット伏せ込み

※塗装を施していないコンクリート打ち放し面はサンディングにより
コンクリート健全部を露出させる(φ200mm 4箇所/㎡)

施工断面図

図

使用材料

タケモルフィラー

超薄塗タイプのSBR系セメントフィラーで、種々の下地材とタケモルTM-100との仲介接着剤として効果を発揮します。また、鉄筋の防錆や下地の硬度アップ目的にも使用できます。

ガードピン
タケモルTM-100

SBRを用いたポリマーセメントモルタルで、タケモルネットの伏せ込みが容易にできます。またSBRの効果で長期にわたってアルカリ性を保持し、更にアルカリ雰囲気においても長期にわたってガラス繊維製ネットが健全であることが確認されています。

ジャピナエポ
タケモルネット

SBRをコーティングしたしたガラス繊維製ネットで、絡み編みという手法によりほつれにくく、作業性のよいネットです。タケモルネットを芯材にすることでモルタル層に板状性が生じ、平滑な下地調整層が得られ、タケモルTM-100の所定厚の確保が容易になります。

タケモルフィラー
バイオハクリ RE

既存仕上げ塗膜の剥離剤で、旧塗膜を溶解させるのではなく軟化させる事で剥離する、新しいタイプの剥離剤です。
作業環境汚染がなく、安全衛生面の改善、作業生産性が飛躍的に向上します。

タケモルTM-100
(c) 2010 JAPINA 全日本外壁ピンネット工事業協同組合 All rights reserved.